このエントリーをはてなブックマークに追加
長友佑都 年俸 長友佑都 ブログ 長友佑都 身長 長友佑都 平愛梨 長友佑都 インスタ 長友佑都 体幹トレーニング 長友佑都 平愛梨 ブログ 長友佑都 本 長友佑都 筋肉 長友佑都 血液型 長友佑都 元カノ 長友佑都 姉 長友佑都 結婚 長友佑都 平愛梨 結婚 

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/
3月28日に行われたFIFAワールドカップのアジア最終予選で、日本がタイに4対0で快勝した。

香川真司選手、岡崎慎司選手、久保裕也選手、吉田麻也選手が得点を上げた日本はゴールキーパーの川島永嗣選手も好セーブを連発し、勝ち点を16に伸ばしてB組首位に躍り出た。

一方で、長友佑都選手には酷評が噴出している。この日、日本最大のピンチを招いたからだ。
後半41分、タイのカウンターの際にペナルティエリア内でクリアしようとしたが思い切り空振り、
グラウンドに○もちをつく格好になり、その直後に相手選手の足元に頭突きするようなかたちで突進して倒し、ペナルティキック(PK)を与えてしまったのだ。

PKは川島選手の好セーブによって止められ、失点にはつながらなかったが、インターネット上では長友選手の“タックル”について「レスリングかと思った」
「試合中にズッコケすぎ」「笑いを禁じ得ない」という反応が上がっている。スポーツ紙記者は以下のように語る。

「所属チームのインテルナツィオナーレ・ミラノ(イタリア・セリエA)では冷遇されており、
以前から試合勘のなさが指摘されていた長友ですが、その心配が如実に表れてしまったのがこのプレー。
ファウルをしたこと自体より、誰の目から見てもわかるかたちで相手を倒してしまったことが、一流選手らしからぬプレーだったといえます。

もともと、サッカーには『マリーシア』(試合に勝つためのずる賢さ)という言葉があり、コーナーキックを規定の位置より少し前で蹴ったり、
審判に見えない位置で相手選手のユニフォームを引っ張ったり……いかに隠れて“うまくやるか”という要素も妙味のひとつです。
事実上のファウルでも、そう見せないのが一流選手のテクニックのひとつであり、あからさまなファウルを犯すのは二流。
試合に出ていないことで、そういった感覚が鈍っていたと指摘されても仕方ないでしょう。

また、今回はイエ○ーカードすら出ませんでしたが、レッドカードの一発退場でもおかしくない行為でした。
そもそも、ディフェンダーにとってPKを与えるというのは最大の失態であり、恥ずべきプレーです。今後も精彩を欠くようであれば、
日本代表でもベンチ要員になることもあり得るでしょう」(スポーツ紙記者)

長友選手といえば、今年1月に女優の平愛梨と結婚したばかり。交際報道が出た際に語った「アモーレ」(愛する人)は、
「2016ユーキャン新語・流行語大賞」のトップ10に選ばれた。
ネット上では、私生活は充実しながらプレーでは精彩を欠く長友選手に対して「新婚ボ○か」「衰えがひどい」という声も上がっているが、
前出のスポーツ紙記者は「長友の名誉を守るために」と以下のようにフォローする。

「長友は、ファウル直前のプレーで相手のセンタリングをダイレクトでナイスクリアしていました。
しかし、そのボールが味方選手に当たって自陣に戻ってくるという不運があり、あわてて戻らざるを得なくなり、結果的にPKを与えるファウルにつながってしまったのです」(同)

世間では本田圭佑選手の存在意義を疑問視する「本田不要論」が根強いが、このままでは「長友不要論」も過熱しかねない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12111-32229/
2017年03月29日 15時55分

【長友佑都、レスリングばり「タックル」に酷評の嵐…「新婚ボ○」「衰えた」不要論も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ最終予選 ワールドカップ最終予選 ヨーロッパ ワールドカップ予選 ワールドカップ最終予選 南米 ワールドカップ予選 ヨーロッパ ワールドカップ 2018 ワールドカップ予選 南米 ワールドカップ最終予選 韓国 ワールドカップ最終予選日程 ワールドカップアジア最終予選 ワールドカップ アジア最終予選 ワールドカップ最終予選 順位表 ワールドカップ サッカー ワールドカップ アジア予選 

1: 大翔 ★@\(^o^)/
theWORLD(ザ・ワールド) 3/29(水) 20:50配信

今回も日本の前に立ちはだかる

28日に行われた2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選でタイ代表を4-0で下した日本代表は、勝ち点を16に伸ばしてグループB首位に躍り出た。これからアウェイのイラク、ホームのオーストラリア、アウェイのサウジアラ○ア戦を残していることを考えると3月の2連戦を勝利で終えられたのは非常に大きい。

残りの3試合も難しい戦いとなるはずだが、日本で最も注目を集めるのは8月のオーストラリア戦だろう。オーストラリアとは前回大会も最終予選でワールドカップ出場を争っており、常に日本と好勝負を繰り広げてきた。オーストラリアもその認識は同じで、『FourFourTwo』は「アジア最大のライバル関係、サムライブルーVSサッカールーズ」と伝え、近年の日本とオーストラリアの戦いを振り返っている。

日本にとって最も屈辱的だったのは2006ドイツワールドカップでの敗北で、終盤までリードしながらティム・ケイヒルの2得点などで逆転負けを喫してしまった。ケイヒルはその後も日本を苦しめる厄介な敵となり、オーストラリアといえばケイヒルとのイメージを持っている日本のサッカーファンも多いはず。それほどワールドカップでの2得点はインパクトがあった。

このワールドカップを機に日本は何度もオーストラリアと熱戦を演じ、2007年にはアジアカップ準々決勝で対戦。この試合も1-1の接戦で、勝負はPK戦に。ここでは当時の守護神・川口能活が1番手のハリー・キューウェル、2番手のルーカ○・ニールのキックを見事にセーブ。日本が何とか勝利を手にした。

さらに4年後のアジアカップ2011決勝でも両国は対戦。この試合も90分では決着がつかず、延長戦に。最後は長友佑都のクロスに李忠成が目の覚めるようなボレーシュートを叩き込んで日本が勝利。アジアチャンピオンになった。

そして2014ブラジルワールドカップ・アジア最終予選での対決だ。本田圭佑のPKで日本がワールドカップ出場を決めたシーンを記憶している人も多いはずで、この試合でもオーストラリアには苦しめられた。

そんなアジア最大のライバル同士の対決が8月に日本で行われる。6月のイラク戦の結果にも左右されるが、今回もオーストラリア戦が1つのカギを握ることになるだろう。近年は日本の方が直接対決で良い成績を残しているが、最大のライバルをホームで倒してワールドカップ出場を決めたいところだ。

【豪州も警戒する「アジア最大のライバル・サムライブルー」 今回も8月の直接対決がW杯出場のカギに】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ最終予選 ワールドカップ最終予選 ヨーロッパ ワールドカップ予選 ワールドカップ最終予選 南米 ワールドカップ予選 ヨーロッパ ワールドカップ 2018 ワールドカップ予選 南米 ワールドカップ最終予選 韓国 ワールドカップ最終予選日程 ワールドカップアジア最終予選 ワールドカップ アジア最終予選 ワールドカップ最終予選 順位表 ワールドカップ サッカー ワールドカップ アジア予選 

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/
コンディション面が不安も2試合にフル出場。

[W杯アジア最終予選] 日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
 3月シリーズの左SBのスタメンは所属クラブでレギュラーを張る酒井高徳が予想されていた。
だが蓋を開けてみれば、インテルで出場の少ない長友佑都は先発フル出場。チームの完封勝利に貢献した。
 
 4-0というスコアは傍から見れば完勝に見えた。だが、試合後にまず口から出てきたのは反省の弁だった。
 
「今日はちょっと全体的にミスが多くて、カウンターもされていたし、チャンスも作られた。反省すべきところはたくさんあったと思います。
(後半40分に与えたPKについて)あそこは行かなかったら無理でしたね。身体から、頭から行って。
(川島)永嗣さんには感謝しかないですね」
 
 その一方で、今回の2連戦ではこれまでとは異なる長友の姿も垣間見られた。
UAE戦で久保裕也の先制点をアシストした酒井宏樹とは対照的に、“第3のCB”と呼べるほど守備に徹する姿がそこにはあったのだ。
 
「今日は上がっちゃだめだなと思っていたんです。いつもなら前半で上がっていたと思うんですけど、
自分が上がってカウンターを食らってはまずいなと。基本的にはステイで、行けるタイミングで(前に)行くという。
これは自分の経験からですね」
 
 若い頃の長友と言えば、圧倒的なスタミナと、爆発的なスプリント力が持ち味のオフェンシブなSBだった。
状況に応じて攻撃的にも守備的にも対応できる臨機応変さは、3年前に味わった苦い経験がきっかけで身に着けたものだという。
 
「ブラジル・ワールドカップの時はもっと高い位置を取っていましたからね。
でも、ジェルビーニョ(コートジボワール代表FW)だったり、速い選手に裏を取られて負けたという経験が僕の中にあって。
やっぱりチームが勝つために地味な仕事でもチームに貢献したい。それはあのワールドカップから学んだことですね」
 
 コンディションが不安視された今回の2連戦でともにフル出場。6月のイラク戦まで2か月以上間隔が空くことになるが、
「(所属クラブで)試合に出られなくても、しっかり練習していればコンディションをある程度は保てるのは、
これまでの経験から学んでいる。もっと出られるようになればコンディションも上がってくる」と話した。
 
 経験を重ねて“大人のプレー”を覚えた長友。すでに三十路を迎えたが、まだまだ日本代表に多くをもたらしてくれそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00024028-sdigestw-socc

【長友が覚えた“大人のプレー”、きっかけはブラジルW杯の苦い経験】の続きを読む

このページのトップヘ