このエントリーをはてなブックマークに追加
J1 移籍

1: J1 移籍 2016/06/17(金) 17:33:42.81 CAP_USER9.net
ヘルタ・ベルリンのミヒャエル・プレーツSD(スポーツディレクター)は、2015-16シーズンに
日本代表FW原口元気が見せたパフォーマンスに満足しながらも、さらなる向上の余地も残されていると感じているようだ

2014年夏にJ1浦和レッズから加入した原口は、ヘルタでの1年目はリーグ戦21試合に出場。
2015-16シーズンは32試合と出場数を伸ばし、そのうち28試合で先発出場を果たしている。
ブンデスリーガ7位でシーズンを終えたチームのなかで、原口は主力メンバーの1人となった。

しかし、主に右ウイングでプレーして2ゴール3アシストという数字は、攻撃的なプレーヤーとしては
やや物足りないと言うべきかもしれない。
プレーツSDはドイツ『キッカー』で、原口の成長ぶりに満足していると述べつつ、新シーズンに向けての課題も挙げている。

「ゲンキの最初のシーズンはまずまずだったが、2年目はステップアップすることができた。
前方へのプレーだけではなく、守備的な動きや競り合いにおいても、よりタフなプレーができるようになったね」

「スペースを与えられ、そこに侵入することはできているが、そのスペースをより効果的に活用しなければならない。
フィニッシュの局面ではもっとエゴを出してほしいね」

原口が浦和でプレーしていた当時、プレーツSDは自ら日本に足を運び、獲得に向けて現地視察を行っていた。
J1で167試合出場33ゴールの数字を残した原口は、ドイツでも今以上に相手ゴールを脅かす選手になることができると
期待しているようだ。

「我々が彼を獲得したのは、チームにテンポを加えてくれるからだけではなく、自らゴールに向かう選手だからだ。
今後、そういう部分をもっと多く見せてほしい。彼にはそれができるんだ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000016-goal-socc

【【J1 移籍】ヘルタ3年目に向けてSDが注文 「原口はもっとエゴを出すべき」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
サッカー ワールドカップ

1: サッカー ワールドカップ 2016/06/17(金) 17:34:30.91 CAP_USER9.net
 日本サッカー協会は17日、9月に開幕する2018年ワールドカップ(W杯)ロシア大会アジア最終予選で、
今年中に行う日本のホームゲーム3試合は埼玉スタジアムで開催すると発表した。
12カ国が2組に分かれてホームアンドアウェー方式で行う最終予選で、
B組の日本は9月1日にホームで行うアラブ首長国連邦(UAE)戦が初戦。
年内のホームは10月6日のイラク戦、11月15日のサウジアラ○ア戦で、アウェーでは9月6日にタイ、
10月11日にオーストラリアと対戦する。
最終予選は来年9月まで行われ、上位2チームに入れば6大会連続6回目の本大会出場となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000047-mai-socc

【【サッカー ワールドカップ】<サッカー日本代表>W杯最終予選は埼玉スタジアムで】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Jリーグ 日程

1: Jリーグ 日程 2016/06/17(金) 17:55:22.41 CAP_USER9.net
●収録リーグなどは夏に発表予定
 エレクトロニック・アーツのサッカーゲームシリーズ最新作『FIFA 17』。
ゲームエンジンをバトルフィールドシリーズのFrostbiteに移行し、新モード“The Journey”を追加するなど、
さらなる進化を遂げた本作について、クリエイティブ・ディレクターであるMatthew Prior氏に話を聞いた。
すでにお届けしているプレイリポートと合わせてチェックされたし。

----------

●Jリーグの噂、新モードについて
――今年はじめ、エレクトロニック・アーツがJリーグのトップパートナーになることが発表されました。
もちろん、契約は契約、ゲームはゲームで基本的に別のことですが、
これがFIFAシリーズにJリーグが収録される予兆だと考える人もいます。
何かいい発表が来る期待をしてもいいんでしょうか、あるいはしない方がいいんでしょうか。

Matthew Prior (やっぱりそこを聞きたいよね、という顔で)それについては話せないんだ。
収録チームやリーグのライセンスについては、夏に入ってから発表できる、とだけ言っておくよ。

――今回、The Journeyモードが新要素として登場します。
キャリアモードを選手でプレイするのと少し似ていますが、よりストーリー性が強化されたモードになっていますね。
しかし、たとえばプレイヤーにキャラクターを作らせるのではなく、
アレックス・ハンターという架空選手を固定の主人公に持ってきたのはなぜでしょうか。

Matthew この点については、数年前にこのモードについて検討した際にもよく議論した。
まずはビジュアルの密度、外見のもっともらしさが理由のひとつだ。
ユーザーが作ったものと我々が作って提供するものでは基準のレベルが違ってくるからね。
ルーキーがステップアップしていくストーリーを真実味を込めて描くうえで、
外見だけを考えてもできるだけよく見えるものにしたかった。だから固定のキャラクターにしたんだ。
Frostbiteはとてもパワフルなゲームエンジンだから、そうすればかなり没入感のある人物像を提示して、
プレイヤーを驚かせることができる。

Matthew もうひとつの理由は、固定のキャラクターならば、観衆に彼の名前を叫ばせたり、
彼の話をしたりするように、もっとフォーカスした演出ができるということ。
もちろんプレイヤーを作りたい人がいるのもわかるけども、実際に今のやり方でテストしてみると、
彼(アレックス・ハンター)として時間を投資してプレイしていくうちに、多くの人が感情移入できることがわかった。
 一方で、自分でプレイヤーを作ってマンチェスターに入れたければ、それはプロモードでできる。
この方法はなくしていないからね。でもこのモードでは限界があって、結局は自分のキャラを作った場合でも、
例えばアグエ○としてサッカー人生を送っていくのも、どっちでもできるような作りなわけだ。

――ということは身長や体重、顔、肌の色といったものは変えられないんでしょうか。ポジションはどうですか?
Matthew 彼は固定のキャラクターなので、数値が決まっているものは変更できない。でもポジションは変えられる。
できるだけ面白いストーリーにしたかったので、全ポジション対応にすることでバラバラになって薄くならないよう、
アタッカーのポジションに限定したけど、ウィンガーでも、ストライカーでも、セントラルMFでもなれる。

続きは↓の記事から
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160617-00000029-famitsu-game

【【Jリーグ 日程】『FIFA 17』クリエイティブ・ディレクターにインタビュー。Jリーグ収録の噂から新モードの仕様までいろいろ聞いた】の続きを読む

このページのトップヘ