このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリルホジッチ ハリルジャパン ハリルホジッチ 通訳 ハリルホジッチ 日本代表 ハリルジャパン メンバー ハリルホジッチ監督 ハリル 通訳 ハリルホジッチ 言語 ハリル UAE ハリルホジッチ 有能 

1: 大翔 ★@\(^o^)/
SOCCER DIGEST Web 3/29(水) 17:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00023997-sdigestw-socc&p=1

タイ戦に“今野の役割”を担う選手は見当たらなかった。
[W杯アジア最終予選7節]日本 4-0 タイ/3月28日/埼玉
 
無失点で終われたのが不思議な試合だった。前半終了間際の大ピンチ、85分のPKと、2ゴールは失ってもおかしくなかった。
いずれもGK川島のスーパーセーブで凌いだものの、なんとも後味の悪い大勝だった。
 
もっとも、3月の連戦で求められていたのはなにより結果であり、その点でハリルホジッチ監督は素晴らしい仕事をした。
負傷者続出というアクシデントに見舞われながらも敵地でUAE、ホームでタイを下した功績は称えられて然るべきだろう。
 
ただし、グループBの首位に立ったとはいえ、2位のサウジアラ○アと同勝点、3位のオーストラリアとは勝点3差と団子状態(最終予選は残り3試合)。
この2か国との対戦を残す日本の、ワールドカップ出場への本当の戦いはむしろこれからと考えると、タイ戦のようなパフォーマンスでは不安を覚えてしまう。
 
とりわけ気になったのが、2-0とリードした19分以降の試合運びだ。ホームで、しかも2点差。決して焦らなくてもいい状況なのに、縦に急ぐ攻めが目に付いた。
それが意図のある攻撃ならまだしも、ビルドアップの局面でのスムーズな連係は数える程度。むしろ中途半端な位置でボールを奪われ、カウンターを食らったという印象のほうが強かった。
 
ビルドアップが上手くいかなかった事実は以下の証言からも分かる。
「もうちょっとテンポよくつなぐべきだった。くさびを無理に入れたせいで、守備でリスクを負う格好になってしまった」(吉田)
 
「自分で持ち上がりながらパスの出しどころを探す時間帯が多かった」(森重)
「結構走っていましたけど、ボールが出てこなかった」(原口)
 
タイ戦の2ボランチが山口、酒井高という急造コンビだった影響もあるだろうが、いずれにしても中盤でボールを落ち着かせる選手がこの日はいなかった。
先のUAE戦では、1-0とリードした後、今野が上手くスピードダウンさせる役割を担っていた。具体的には、相手からプレッシャーをかけられなければその場でストップし、あえてボールを動かさずに抜群のタメを作っていたのだ。
 
敵が詰めてこないシチュエーションで、こっちからドリブルで仕掛ける必要はない。その意味で今野の振る舞いはインテリジェンスに溢れていた。
その今野を欠いたタイ戦はどこかメリハリがなく、久保の個人技で崩したと言っても過言ではない。この日、3ゴールに絡んだ彼の活躍がなければ、日本は危なかったかもしれない。
 
攻撃面では、大迫の不在も大きく響いた。UAE戦は「大迫に預けておけば大丈夫」という共通認識が窺えたが、このストライカーが足の負傷で欠場したタイ戦ではCFで先発した岡崎がターゲットマンになりきれていなかった。
特に、岡崎、香川、原口のトライアングルがあまり機能しなかったことで、UAE戦より攻撃のスピード、迫力を欠いた感があった。

吉田と森重のCBコンビにこだわり過ぎると…。

一方の守備面では、CBの慎重なプレーがややネガティブに映った。
吉田と森重の両CBはいわゆる“リーチ状態”(すでにイエ○ーカードを1枚もらっており、あと1枚で1試合出場停止)で、それが消極的な守備につながったとの見方もできた。
 
そうした状況を踏まえると、ハリルホジッチ監督の采配にも疑問符が付く。久保のゴールで3-0とした時点でなぜCBを代えなかったのかと。
キャプテンの吉田はさて置き、森重を下げて昌子か植田を投入しても良かったはずだ。イエ○ーカードという足かせがないCBにアグレッシブな守備を求めれば、最終ラインが引き締まった可能性はあるだろう。
 
いずれにせよ、森重と吉田のCBコンビにこだわり過ぎると、彼らをなにかしらのアクシデントで欠いた場合にチームがパニックに陥る恐れもある。
それだけに、比較的プレッシャーの少なかったタイ戦の後半戦で新たなCBを試すべきだったのだ。
 
結局のところ、攻守ともに精彩を欠いたのがタイ戦のハリルジャパンだった。効率よくゴールを重ねたという点で「この日の日本は勝負強かった」とも評価できるが、
どちらかと言えば「グループ最下位のタイが相手だったから」という印象のほうが強かった。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【タイ戦|戦評 ハリル采配に疑問。なぜ“臆病に映ったCB”を交代させなかったのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
香川真司 海外の反応 香川真司 結婚 香川真司 避難所 香川真司 動画 香川真司 彼女 香川真司 サムライ 香川真司画像 香川真司インスタ 香川真司 ドルトムント 香川真司最新情報 

1: 大翔 ★@\(^o^)/
東スポWeb 3/29(水) 16:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000035-tospoweb-socc

<ロシアW杯アジア最終予選・日本4―0タイ>F香川真司(28=ドルトムント)が華麗なテクニックから先制点を挙げて、ゴールラッシュの口火を切った。最終予選初ゴールで10番の底力を証明。昨年6月のブルガリア戦(豊田)で2ゴールを挙げて以来の得点に「落ち着いてゴールへ流し込めた。タイミングを含めていいゴールだった」と自画自賛した。

 23日のUAE戦は勝利の陰に隠れていたものの、消えていた時間も多かった。代表OBからは批判の声も上がっていたが、すべてシャットアウト。とはいえ、ハリルジャパンの戦術になかなかマッチせずに苦戦してきたのも事実とあって、現役の元日本代表選手はハリルホジッチ監督に“香川システム”の採用を求めた。

「香川がやりやすいような布陣を導入してほしい。やっぱりできる選手は特別扱いしてもいい。場合によってはアルゼンチン代表のメッシみたいにしてもいい。そのぶん周りが働けばいい」

 アルゼンチン代表の中でメッシは、チームが守勢に回った時でも守備に奔走せずに体力を温存。攻撃時にミラクルプレーを連発し、チームに勝利をもたらしている。日本も香川に得意なトップ下を任せた上で、攻撃に専念させる。さらには守備の負担を軽減するために10番をサポートできて、相性のよい選手で周囲を固めるという戦略だ。

 ハリルホジッチ監督はアタック陣にも守備でハードワークを求めている。だが、前出の選手は「香川に献身的守備を求めるなら、使わないほうがいい。だったらもっといい選手は他にもいる」と言い切った。ロシアW杯に向け、指揮官の背番号10の起用法も新たな注目を集めそうだ。

【W杯アジア最終予選 元日本代表が指摘「香川システム」導入を!】の続きを読む

このページのトップヘ