このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ u20 ワールドカップ最終予選 ワールドカップ 2018 ワールドカップ アジア最終予選 ワールドカップ サッカー ワールドカップ予選 ワールドカップ最終予選日程 ワールドカップのデータベース ワールドカップバレー ワールドカップ女子ジャンプ ワールドカップ予選 ヨーロッパ 

1: Egg ★@\(^o^)/
イタリアに2-2と引き分けグループ3位で16強進出 内山監督「上に上がるための判断」

 U-20日本代表のメンバーは、ピッチ内で“勝ち上がるための判断”を実行した――。U-20ワールドカップ(W杯)グループリーグ第3戦イタリア戦で、日本は2-2の引き分けに持ち込み、グループ3位で決勝トーナメント進出を確定させた。試合後、内山篤監督はその判断について言及している。

「非常にタフなゲームというか、タフになってしまったゲームでした。立ち上がりのところは改善しなければならないのかなと思います。まあ不幸中の幸いというか、2-2とすることができました」

 試合は開始7分の時点で2失点を喫するなど、日本にとって苦しい展開となった。しかしこの日初の先発起用となったMF遠藤渓太(横浜FM)のクロスにMF堂安律(G大阪)が飛び込んで前半のうちに1点差とすると、後半5分には堂安の4人抜きドリブルシュートによって2-2の同点に。

この時点で日本は3位ながら決勝トーナメント進出の条件を手にすることができた。

「我々のコンセプトがあるなかで、プラスアルファが世界に出ればある。ただ我々が2年半、それを超えるために努力してきた。もしサッカーの神様がいるのならば、超えられるものを与えてくれている。それは判断の部分もそうで、今日は上に上がるための判断を選手全員がしました」

 内山監督はこう振り返っている。実際、試合終了直前の数分間はイタリアが最終ラインでボールを回し続けるなど膠着した展開となった。

「勝つに越したことはないですが…」

「もちろん勝つに越したことはないですが、一番大事なのは決勝トーナメントへと勝ち上がること。それは上位だろうが下位だろうが意識すべきこと。もちろん勝つに越したことはないですが、一番大事なのは決勝トーナメントへと勝ち上がること。それは上位だろうが下位だろうが意識すべきことです」

 内山監督は「負けてしまうと厳しいな、というのは分かっていました」と状況判断していたことを明かしつつ、こうも話している。

「2年半このチームで戦ったし、アジアを勝ち抜いてこの舞台に立っているからこそ、このシチュエーションが起きたんですよね。コンパクトにプレーすることなどの戦術的部分以外にも、頭で分かっていることをプレーで表現することは本当に難しい。それを表現したという点では、とても満足しています」

 大切なのは、世界の舞台での真剣勝負を一戦でも多く経験すること。3年前のU-19アジア選手権で、U-20W杯の出場権を逃した際のチームでコーチを務めていたからこその表現だった。

Football ZONE web 5/28(日) 14:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170528-00010012-soccermzw-socc

【<U-20日本代表内山監督>イタリア戦終盤の膠着状態に言及!「負けると厳しいとは分かっていた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
j1速報 j1順位 j1順位表 最新 j1 2017 日程 j1掲示板 j1リーグ j12 j1日程 j1 順位表 j1移籍 

1: Egg ★@\(^o^)/
◆ベガルタ仙台 2-1 アルビレックス新潟 [ユアテックスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052801/livetxt/#live

[新]チアゴ・ガリャルド(62分)
[仙]クリスラン(83分)
[仙]クリスラン(84分)
節2日目を行った。ユアテックスタジアムでは、ベガルタ仙台とアルビレックス新潟が対戦し、2-1で仙台が逆転勝利。ホームでの連敗を4で止め、4試合ぶりの白星を飾った。一方の新潟は新体制連勝とはならなかった。

 自陣深くで堅固なブロックを作る新潟に対し、立ち上がりから積極的に攻め込む仙台。前半4分、PA右からFW奥埜博亮のシュートはGK大谷幸輝に弾かれ、MF梁勇基が左から中央に折り返すもFW石原直樹のシュートは枠を外れる。29分には、右サイドで縦パスに追いついたDF大岩一貴がクロスを上げ、石原がニアに走り込んだが、相手DFにカットされてしまった。

 前節・札幌戦で呂比須ワグナー体制初陣を白星で飾った新潟。前半は耐える時間が続き、なかなかチャンスを作ることができない。それでも、後半は立ち上がりから積極的に前に仕掛けると、3分にカウンターからMFチアゴ・ガリャルドのパスでMFホニが抜け出し、PA右から右足シュート。決定機だったが、カバーに戻ったDF平岡康裕にスライディングでブロックされてしまった。

 試合が動いたのは後半17分だった。新潟は自陣でボールを奪って素早くカウンターを仕掛ける。左サイドの敵陣中央でパスを受けたMF山崎亮平がPA手前の中央にくさびのパスを送ると、チアゴ、FW鈴木武蔵の足もとには収ま○なかったが、こぼれ球にいち早く反応したチアゴが左足でゴールに流し込み、新潟が待望の先制点を奪った。

 ホームでの連敗(4)を止めたい仙台は、後半21分に梁勇基と石原を下げて、FWクリスランとFW西村拓真をピッチに送り込む。すると、37分にクリスランがPA内でDF富澤清太郎に倒されてPKを獲得。これをクリスラン自ら冷静に流し込み、同点に追いつく。さらに39分、左サイドからMF永戸勝也が上げたクロスをクリスランがトラップからボールを地面に落とさずそのまま左足ボレー。鮮やかなシュートがゴールネットを揺らし、仙台が2-1と一気に逆転した。

 あっという間に逆転された新潟は後半43分に鈴木とMFロメロ・フランクに代えてMF加藤大とMF成岡翔を投入。最後のチャンスにかけた。しかし最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、そのままタイムアップ。2-1で仙台が接戦をモノにした。

ゲキサカ 5/28(日) 15:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640246-gekisaka-socc

順位表
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

◆DAZN
https://www.dazn.com

◆DAZN for docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

【サッカー】<J1第13節>サガン鳥栖、“新婚”鎌田のV弾で札幌にウノゼロ勝利!ホーム5連勝。札幌は3連敗 ...
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495893173/

【サッカー】<J1第13節>サガン鳥栖、“新婚”鎌田のV弾で札幌にウノゼロ勝利!ホーム5連勝。札幌は3連敗 ...
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495893173/

【サッカー】<J1第13節>横浜FH・ヴィエイラが2試合連続の2得点!清水は11試合未勝利 俊輔不在の磐田、広島とスコアレスドロー
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495868587/

【<J1第13節>ベガルタ仙台が新体制連勝を狙ったアルビレックス新潟を撃破!クリスランの驚愕ボレーで逆転...】の続きを読む

このページのトップヘ