このエントリーをはてなブックマークに追加
酒井高徳 母 酒井高徳 画像 酒井高徳 キャプテン 酒井高徳 インスタ 酒井高徳 2ch 

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/
28日に行われたタイ戦でボランチ起用されたDF酒井高徳であったが、期待に応えられたとは言い難い出来であった。
試合後、本人は記者団の前で自らその理由などについて語ってくれている。

2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選・第7戦が28日に行われ、日本代表はホームでタイ代表と対戦した。
試合は日本が4-0でタイを下し、最終予選3連勝を飾っている。酒井はボランチでプレーした感想については一言、
「いや、良くないでしょう」とし、良かったことは「チームが勝ったことぐらいですかね」と反省の言葉から話を始めた。

■なぜ日本代表では機能しなかったのか

所属先のハンブルガーSV(HSV)でも度々ボランチでプレーしてきただけに「抵抗はなかった」と話す酒井。
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督とも役割についてしっかりと話し合い、「把握していた」とするが、
タイ戦については「最低限のことはできたのかなというレベル」と反省。
ドイツでは中盤でも評価を上げつつある酒井が、なぜ日本代表では輝ききれなかったのか。本人は以下のように分析している。

「クラブでやってるときは、もうちょっとコンパクトですよね。(HSVでは)1人目、
2人目が行った後の3、4人目っていうところが結構連動してきているところがあったので。
今日やってて思ったのは、周りにスペースが少し大きすぎました。行こうっていうところがはっきりしなかったので。
ボールホルダーにも、(パスが)出てから遅れて、相手に2~3mぐらい余裕がある状態で、
プレッシャーかけていくところがあったので、うまくハマってなかったですけど。
ボールにとか、ちゃんとしたタイミングでアタックしに行くときっていうのは、人には行けてたと思いますけど、
欲を言えば、もうちょっと取りきりたいボールっていうのが多かったかなと。
そういうところで取りきれなかったっていうのがちょっと(良くなかった)、自分としては少し反省かなと思いますけど」

また、アジアで戦う日本はボール支配率で相手を圧倒する展開が多く、
HSVではあまり慣れていなかったボランチとしてのプレーがあったことも明か○。

「ハンブルクではボールが上に飛んでることが多いから、セカンドボール狙ってることのほうが多いっていうふうには言ってました。
ただ、監督がどういうサッカーしたいかとか、ボランチにどういうこと要求してるかっていうのは常に言ってることを聞いてるから、
だいたいは理解してるつもりですっていうふうには言ってたし。
今日もできるだけ顔出そうと思ったんですけど、なかなか、ミスっていうところもあったり、
少し勇気が足りなかったかなっていうところもありましたね。
ボランチにつけるところだったり、ボランチ同士のパス交換だったりっていうのが少し少なかったかなと思うし。
(山口)蛍ともいろいろ話して、最初はこんなもんでしょう、なんて言ってたんで(笑)やるとするならば、
やっぱりもっともっと良くしたいなと思いますし。
サッカーは変わってきますけども、こっちではこっちのやり方、ハンブルクではハンブルクのやり方っていうのに
適応できる自分をしっかり作りたいなと思いますけど」

【酒井高徳のボランチが日本代表で機能しなかった理由…HSVとは何が違ったのか】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
岡崎慎司 植毛 岡崎慎司 嫁 岡崎慎司 トレーナー 岡崎慎司 髪 岡崎慎司 年俸 岡崎慎司 増毛 岡崎慎司 結婚 岡崎慎司 子供 岡崎慎司 筋肉 岡崎慎司 画像 岡崎慎司 海外の反応 岡崎慎司 レスター 岡崎慎司 ハゲ 岡崎慎司 動画 岡崎慎司 珍事 

1: Egg ★@\(^o^)/
「ゴール祭りを展開した日本、4-0の圧勝」(総合メディア『MKスポーツ』)、「ゴール・パレードの日本、タイを下してB組1位に」(経済メディア『亜洲経済』)など、韓国メディアもタイ相手に大勝を飾った日本代表の試合結果を詳しく報じた。試合のチェックをお願いした『中央日報』サッカー班チーム長のソン・ジフン記者も、開口一番に言った。
 
「スコアだけ見ると大味で、内容的にはタイに押し込まれる場面もあったが、怪我人が多かったり、酒井高徳を守備的MFで急きょ起用する変動があっても、きっちり結果を出した。日本サッカーの競争力は何かということを確認できる試合だったのではないか」
 
 ソン・ジフン記者がタイ戦でもっとも印象的だったのは、ハリルジャパンが「完全にスランプを脱した」ように見えたことだったという。
 
「最終予選の初戦で躓いたとき、日本はどこかバタバタしている印象もあったが、昨日の試合では相手がどうであれ、また、チーム状態がどうであれ、試合の流れは支配するという本来の日本の安定感が戻った印象だ。また、決定機を逃さずきちんとゴールに結びつけていた。そういった要素は、日本が最終予選序盤のスランプから脱したことを示しているように映った」
 
 そう語るソン・ジフン記者から見て、もっとも印象的な選手は誰だったかのか。
 
「まずは岡崎慎司。前半の序盤に訪れた2度の得点シーンすべてに絡んでいた。あの2得点で日本はタイの気勢を制圧することに成功した。岡崎の活躍のおかげで日本は先に2ゴールを奪い、その後はある程度、余裕を持って試合を進められたのではないか」
 
 また、守備陣ではGK川島永嗣の名前を挙げている。
 
「前半の終わり間際と後半の立ち上がりに日本はタイの攻勢を食らったが、そのなかで光ったのが川島の存在感だった。彼が何度か訪れたピンチをしっかりと防いでくれたことで、流れをタイに奪われることはなかったし、その好守はフィールドプレーヤーたちに心理面も好影響をもたらしたのではないか」

「ゴール祭りを展開した日本、4-0の圧勝」(総合メディア『MKスポーツ』)、「ゴール・パレードの日本、タイを下してB組1位に」(経済メディア『亜洲経済』)など、韓国メディアもタイ相手に大勝を飾った日本代表の試合結果を詳しく報じた。試合のチェックをお願いした『中央日報』サッカー班チーム長のソン・ジフン記者も、開口一番に言った。
 
「スコアだけ見ると大味で、内容的にはタイに押し込まれる場面もあったが、怪我人が多かったり、酒井高徳を守備的MFで急きょ起用する変動があっても、きっちり結果を出した。日本サッカーの競争力は何かということを確認できる試合だったのではないか」
 
つづく

SOCCER DIGEST Web 3/29(水) 18:40
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170329-00024022-sdigestw-socc&p=1

【<日本快勝に韓国メディアが嘆き節…>苦しむ自国代表と比較し「ゴール祭り」の日本が眩しく映った】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
バイエルンミュンヘン バイエルン 動画 バイエルン フォーメーション バイエルン国立歌劇場 バイエルンツネイシ バイエルンミュンヘン ユニフォーム バイエルン スレ バイエルンチケット バイエルン州 バイエルンミュンヘン グッズ バイエルン メンバー バイエルンミュンヘン メンバー バイエルン ユニフォーム バイエルン 広島 

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/
 W杯アジア最終予選タイ戦(28日、埼玉)に4-0で勝利したサッカー日本代表のFW宇佐美貴史(24)=アウクスブルク=が29日、
羽田空港発の航空機で離日した。

 タイ戦に後半39分から出場した宇佐美は無得点に終わったが、
16年9月の最終予選タイ戦(バンコク)以来となる代表戦のピッチに立った。
UAE戦(23日)とタイ戦で2得点3アシストと計5得点に絡む活躍を見せたFW久保裕也(23)=ヘント=に対しては
「ありがたい限り。いい刺激をもらっているし、そうやって底上げというか、若い世代が下から突き上げていかないと。
その一翼を(久保)裕也が今回担ってくれた」と、同世代への頼もしさを口にした。

 1日にはかつての古巣バイエルン・ミュンヘン戦を控える。リーグ戦では4試合連続出番なしとあって
「まずは出られるように頑張ります」。
ドイツ代表FWトーマス・ミュラー(27)の名を挙げ、「覚えてくれているメンバーも多い。
あり得ないくらい強いと思うので、その強さを知りたいですね」と対戦を心待ちにした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170329-00000051-dal-socc

【宇佐美貴史、同世代の久保に刺激「若い世代が下から突き上げる」】の続きを読む

このページのトップヘ