カテゴリ: サッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
j1速報 j1順位 j1順位表 最新 j1 2017 日程 j1掲示板 j1リーグ j12 j1日程 j1 順位表 j1移籍 

1: Egg ★@\(^o^)/
◆ベガルタ仙台 2-1 アルビレックス新潟 [ユアテックスタジアム]
https://www.jleague.jp/sp/match/j1/2017/052801/livetxt/#live

[新]チアゴ・ガリャルド(62分)
[仙]クリスラン(83分)
[仙]クリスラン(84分)
節2日目を行った。ユアテックスタジアムでは、ベガルタ仙台とアルビレックス新潟が対戦し、2-1で仙台が逆転勝利。ホームでの連敗を4で止め、4試合ぶりの白星を飾った。一方の新潟は新体制連勝とはならなかった。

 自陣深くで堅固なブロックを作る新潟に対し、立ち上がりから積極的に攻め込む仙台。前半4分、PA右からFW奥埜博亮のシュートはGK大谷幸輝に弾かれ、MF梁勇基が左から中央に折り返すもFW石原直樹のシュートは枠を外れる。29分には、右サイドで縦パスに追いついたDF大岩一貴がクロスを上げ、石原がニアに走り込んだが、相手DFにカットされてしまった。

 前節・札幌戦で呂比須ワグナー体制初陣を白星で飾った新潟。前半は耐える時間が続き、なかなかチャンスを作ることができない。それでも、後半は立ち上がりから積極的に前に仕掛けると、3分にカウンターからMFチアゴ・ガリャルドのパスでMFホニが抜け出し、PA右から右足シュート。決定機だったが、カバーに戻ったDF平岡康裕にスライディングでブロックされてしまった。

 試合が動いたのは後半17分だった。新潟は自陣でボールを奪って素早くカウンターを仕掛ける。左サイドの敵陣中央でパスを受けたMF山崎亮平がPA手前の中央にくさびのパスを送ると、チアゴ、FW鈴木武蔵の足もとには収ま○なかったが、こぼれ球にいち早く反応したチアゴが左足でゴールに流し込み、新潟が待望の先制点を奪った。

 ホームでの連敗(4)を止めたい仙台は、後半21分に梁勇基と石原を下げて、FWクリスランとFW西村拓真をピッチに送り込む。すると、37分にクリスランがPA内でDF富澤清太郎に倒されてPKを獲得。これをクリスラン自ら冷静に流し込み、同点に追いつく。さらに39分、左サイドからMF永戸勝也が上げたクロスをクリスランがトラップからボールを地面に落とさずそのまま左足ボレー。鮮やかなシュートがゴールネットを揺らし、仙台が2-1と一気に逆転した。

 あっという間に逆転された新潟は後半43分に鈴木とMFロメロ・フランクに代えてMF加藤大とMF成岡翔を投入。最後のチャンスにかけた。しかし最後まで勝ち越しゴールを奪うことができず、そのままタイムアップ。2-1で仙台が接戦をモノにした。

ゲキサカ 5/28(日) 15:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-01640246-gekisaka-socc

順位表
https://www.jleague.jp/sp/standings/j1/

◆DAZN
https://www.dazn.com

◆DAZN for docomo
https://www.nttdocomo.co.jp/service/d4d/

【サッカー】<J1第13節>サガン鳥栖、“新婚”鎌田のV弾で札幌にウノゼロ勝利!ホーム5連勝。札幌は3連敗 ...
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495893173/

【サッカー】<J1第13節>サガン鳥栖、“新婚”鎌田のV弾で札幌にウノゼロ勝利!ホーム5連勝。札幌は3連敗 ...
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495893173/

【サッカー】<J1第13節>横浜FH・ヴィエイラが2試合連続の2得点!清水は11試合未勝利 俊輔不在の磐田、広島とスコアレスドロー
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1495868587/

【<J1第13節>ベガルタ仙台が新体制連勝を狙ったアルビレックス新潟を撃破!クリスランの驚愕ボレーで逆転...】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ワールドカップ u20 ワールドカップ最終予選 ワールドカップ 2018 ワールドカップ アジア最終予選 ワールドカップ サッカー ワールドカップ予選 ワールドカップ最終予選日程 ワールドカップのデータベース ワールドカップバレー ワールドカップ女子ジャンプ ワールドカップ予選 ヨーロッパ 

1: 豆次郎 ★@\(^o^)/
韓国で行われているU-20ワールドカップ。日本代表はイタリアとのグループステージ第3戦に2-2で引き分けた。

イタリアと勝点で並んだ日本は得失点差で3位に。ただ、3位であっても6つあるグループ(A~F)のなかで上位4番目までに入れば決勝トーナメントに進むことができる。これにより日本はグループC3位のコスタリカとともに勝ち抜けが決まった(残り2チームは本日の結果で決まる)。

そんな一戦では2-2で迎えた終盤にイタリアが最終ラインでボールを回し続け、日本も積極的に追わないという時間が続いた。

この時間稼ぎについては、『Globo』や『ESPNアルゼンチン版』、『24 Horas』でも報じられていた。

『ESPN』では「攻撃することを止め、試合が終わるまで同じ場所でボールを回すことに終始した」などとして、イタリアと日本による“一種の共謀”だったと伝えていた。アッズリーニがボールを回し、日本のアタッカーも決して本気ではプレッシャーに行かなかったとも。

また、『24 Horas』では、「メディアは『スキャンダラス』だと断じた」などとしていた。とはいえ、こういう展開になればどちらもリスクを負わなくなってしまうのは必然ではあるだろう。

なお、グループAで3位だったアルゼンチンは、本日行われるE・F組の結果で決勝トーナメントに進めるか否かが決まる。ただ、現時点で6グループ中4番手となっており、最も厳しい位置にいる。

https://qoly.jp/2017/05/28/u-20-world-cup-japan-vs-italy-stop-attacking-iks-1

【U-20日本代表に「共謀疑惑」!?海外メディアが報じる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリルジャパン ハリルホジッチ ハリルジャパン メンバー ハリルホジッチ監督 ハリル 通訳 ハリル 苦悩 ハリル 解任 ハリル 無能 ハリル監督 ハリルホジッチ 日本代表 ハリルホジッチ 通訳 

1: Egg ★@\(^o^)/
日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は27日、28日からスタートさせる代表合宿のため、千葉県内の宿舎ホテルに入った。右足首を痛めているエイバルFW乾貴士(28)については「今日から明日にかけて検査している状況」と説明。

 左足小指骨折から練習に合流したばかりのG大阪MF今野泰幸(34)は「合宿中に状況を見て判断したい」と話し、6月7日の親善試合・シリア戦(東京ス)、同13日のW杯アジア最終予選・イラク戦(テヘラン)での起用などは国内組が合流する同5日以降に判断するという。

スポーツ報知 5/28(日) 7:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170527-00000284-sph-socc

 サッカー日本代表は28日、親善試合・シリア戦(6月7日・味スタ)とW杯アジア最終予選・イラク戦(同13日・テヘラン)に向け、海外組のみで千葉県内での合宿をスタートさせる。この合宿にFW宇佐美貴史(アウクスブルク)が参加することが決まった。右足首痛を抱えるFW乾貴士(エイバル)の状態が不透明なための処置で、バ○クアップメンバーとして待機する形で練習に加わる。

 宇佐美は28日午前に、代表宿舎入り。代表スタッフは「乾の状態に問題が無ければ、宇佐美にはそのまま戻ってもらうことになる」と説明した。

デイリースポーツ 5/28(日) 11:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000049-dal-socc

【<日本代表>乾&今野起用は状況見て判断... 宇佐美が代表合宿参加へ、乾のコンディション考慮しバ○クアップ的立場】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ハリルジャパン ハリルホジッチ ハリルジャパン メンバー ハリルホジッチ監督 ハリル 通訳 ハリル 苦悩 ハリル 解任 ハリル 無能 ハリル監督 ハリルホジッチ 日本代表 ハリルホジッチ 通訳 

1: 仙台焼肉 ★@\(^o^)/
25日、日本代表に初招集されたガンバ大阪のDF三浦弦太。

昨年のトゥーロン国際大会に選出され、リオ五輪の候補ともなっていただけにその素質は従来から高く評価されていたが、この22歳の若手センターバ○クは今季、清水エスパルスからガンバ大阪に移籍したことで一段と成長を遂げ、日の丸を背負う栄誉を与えられた。

三浦はガンバの公式サイトで、

「サムライブルーと言われるこのカテゴリーにはじめて選出されました。すごく嬉しいですが、喜ぶだけでなく、クラブで出してきた力を代表でも出せるように集中して臨みたいです。W杯出場に向けての結果も求めつつ試合に出場し、また呼ばれるように、遠慮せずに過ごしてきたいと思います!!」

とコメントしている。語尾に“!!”を2つ付ける辺り、その意気込みが伝わってくるところだ。

さて、そんな三浦を今季はQolyが猛プッシュしていたのをご存知だろうか。特に編集部Sの入れ込みぶりはなかなかのもので…

https://twitter.com/mori_shio/status/829284825370615808
https://twitter.com/soccernewsbot/status/836563962640596○92
https://twitter.com/soccernewsbot/status/856640264122880000

この通り、今年だけでプレー動画を3本も配信していたのだ!

彼の特徴は1対1での粘り強い守備と、ご覧の通りの圧倒的な跳躍力、そして編集部Sが「日本のフメルス」とまで形容した高いフィード能力にある。自身の理想とするDF像は「全てを兼ね備えた選手」で、チアゴ・シウヴァ(PSG)やレオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)、ジェローム・ボアテング(バイエルン)らに影響を受けているという。

CBのレギュラーであった森重が外れたことで、来月の試合では吉田麻也の相棒が誰になるのかが大きな注目ポイントとなる。Qolyイチ押しの三浦がいきなりポジションを奪取しちゃうかも?

http://qoly.jp/2017/05/26/who-is-genta-miuta-hys-1

【「日本のフメルス」?代表初招集の三浦弦太はこんな選手】の続きを読む

このページのトップヘ